子ども・子育て拠出金率の改定(2019/4/13)

平成31年4月より子ども・子育て拠出金率が1,000分の2.9(0.29%)から

1,000分の3.4(0.34%)に改定されました。

この改定は、平成31年4月分(5月納付分)からの適用になります。

 

子ども・子育て拠出金なんて知らない、という方も多い気がします。

年金事務所から毎月送られてくる納入告知書の中に、

健康保険料や厚生年金保険料とともに記載されており、

気にしていないと分からないかもしれません。

 

この子ども・子育て拠出金は、全額が事業主負担です。

子ども・子育て支援新制度において、仕事と子育ての両立は労働力確保に資するものであり、

社会全体で取り組むべき課題であることから、

制度の一部である企業主導型保育事業などにこの子ども・子育て拠出金が充てられています。


この10月に消費税が引き上げられますが、

そこから確保される0.7兆円程度の増収分も、

この子ども・子育て支援新制度の財源に充てられます。

 

子どもに関する施策は国の存亡にかかわる重要なものです。

良いお金の使い方をしていただきたいと思います。

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る