新元号「令和」(2019/4/11)

新しい元号は「令和」になりました。

 

「令和」という元号自体、多くの方に良い感触で迎えられて良かったと思います。

またそれ以上に、これほど国民的規模で一体感を感じられたこと自体が近年とても稀で、

素敵なことではなかったかと思います。

 

昨年5月5日のブログでも記載したのですが、

元号は不便なので西暦に統一してしまえばどうかというご意見もあります。

それも理解できるのですが、歴史を数字の流れで捉えるのではなく、

一定の時代で区切って見ていくことにも意義があるように思います。

 

また、赤ん坊に名前を付けるように、新しい時代に名前を付けることで、

これほど将来への希望が高まるのだなと感じました。

多くの方が、将来に失望することなく、期待している証拠ですね。

 

もうすぐ平成の時代に区切りがつきます。

「令和」がより良い時代になるように祈念いたします。

 

 

 

▲このページのトップに戻る