国のお金の回し方(2019/2/9)

この時期には雇用保険料の来年度の見通しが出ており、このブログでも記載していました。

平成31年度の見通しもすでに出ており、平成30年度の料率が据え置きとなる見通しなのですが、

不正統計問題が頭に引っかかって、ブログを書く気が起きませんでした。


もし仮に、雇用保険料を決めるための基礎資料が誤っていたとしたら、

そこで出された判断というのは適切なものなのでしょうか。

統計の不正が判明している今、それが訂正されることはないのでしょうか。

 

様々な議論を聞いていると、マンパワーの不足が原因の一つという声があります。

それは厚生労働省だけでなく、これまでの様々なトラブルの際にも聞こえてきました。

例えば、児童虐待に対応する児童相談所の人員の不足然りですし、

他にもマイナンバーの漏洩問題などでも、取り沙汰されたところです。

 

必要なことをしようとすれば、必要なお金がかかるものです。

それを削減しようとすれば質が落ちるのは当然です。

不必要なことにお金をかけて、必要なことにお金をかけてないのではないか。

そんな疑念を抱いてしまいます。

 

今の日本は、赤字国家で借金大国です。

お金の回し方が下手な国ということでしょうか。

皆様が納める税金や社会保険料は、いったい誰に預けるのが良いのでしょうか。

 

 

 

▲このページのトップに戻る