年末のご挨拶(2018/12/24)

今年も一年、当ブログをご愛読いただき誠にありがとうございました。

 

今年は、お客様からのご相談が、単なる手続きにとどまることなく、

労働条件や求人に関する内容が増えたように感じました。

もはや人手不足を隠しようもなく、顕在化してきているということかなと思います。

 

人手不足を解消しようとする狙いのある入管法改正についても、

議論の中心が働き手の問題である以上、

社会保険労務士事務所としても影響があると考えています。

 

感覚的には、この一年、表立ったところで何かが大きく変化したというよりは、

ゆっくりと地殻変動をしていたように感じていますが、

働き方改革関連法が順次施行されていきます。

同一労働同一賃金についても議論が深まってくると思います。

 

地殻変動が大きな変化としていつ地表に現れてくるか。

その時になって慌てることなく、しっかりと対応できるよう、

尽力していきたいと思います。

 

少し早めではありますが、今年のブログはこれで最後とし、

皆様にとって来年も良い年になることを祈念して、年末のご挨拶とさせていただきます。

 

▲このページのトップに戻る